アニメ『からくりサーカス』9話「記憶」ネタバレ感想 / プラハの天使フランシーヌに恋をした白銀と白金の兄弟

アニメ『からくりサーカス』

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

前回、勝&しろがねと鳴海が一瞬の再会を果たした『からくりサーカス

物語はこれから、どのように展開していくんでしょうか…?

それでは第9幕記憶」の感想をお届けしてゆきますね。

関連記事 : アニメ『からくりサーカス』8話「一瞬の始まりと終わり」感想 / 勝・しろがね・鳴海が束の間の再会!

今すぐ無料で『からくりサーカス』第9話「記憶」を観る >>





 第9話「記憶」あらすじ

自動人形との戦いで傷つき海に落ちたギイ(佐々木望)は、仲町サーカスの面々に助けられる。

驚くべきことに、ギイはしろがね(林原めぐみ)の懸糸傀儡の師匠だった。

ギイとの出会いをきっかけにしろがねの心に触れた(植田千尋)は、自身の出生の謎を知るべく一人、旅に出る。

一方、中国へとたどり着いた鳴海(小山力也)とルシール(朴璐美)は、手掛かりを追っていく内に鳴海の中国拳法の師匠である(宝亀克寿)と出会う。

出典 :『からくりサーカス』公式サイト

第9幕「記憶」あらすじ >>



 第9話「記憶」感想

 ギイが仲町サーカスへ

第8話の飛行機事故の直後、仲町サーカス近くの海岸にギイが漂着していました。

真っ先に気づいたしろがねのおかげで、何とか一命をとりとめたようです。

最近まで鳴海と共に行動していたギイが、今度はしろがね側に加わるのはとても感慨深いですよね。

 エレオノールの想い

しろがね(エレオノール)によると、ギイは彼女の人形操りの師匠であり物心がついた時から一緒に旅をしていたそう。

その後フランスのキュベロンに預けられたしろがねは、老婆たちの訓練を受ける中で「人形を操る人形」になってしまいました。

ギイとの関係が分かり、勝はちょっと安心。そしてしろがねは、自分が人間らしさを取り戻すことが出来たのは勝と鳴海のおかげだと伝えます。

 勝の旅立ち

変わろうとするしろがねに感化された勝は、自分も過去に向き合うことを決意。

恐ろしい相続争いを仕組んだ父・才賀貞義の謎に迫るべく一人で旅に出ます。

勝が旅立つのを何も言わず見ていたギイは、何か事情を知ってそうな感じでしたね…。

 中国を旅する鳴海たち

真夜中のサーカス」を本拠地を突き止め壊滅させるべく、鳴海とルシールは中国の山奥に来ていました。

手がかりを知ってそうな鳴海の師匠・梁(リャン)先生はなんとゾナハ病に侵され、不老不死の泉がある生まれ故郷へ向かったそうです。

道中で鳴海が見る不思議な白昼夢は、どうやら生命の水(アクア・ウイタエ)に溶けた人物の記憶のようですね。

ちなみに梁先生の娘・ミンシアと鳴海のシーンは原作から大分カットされているので、二人の関係性を詳しく知りたい方は単行本の第14巻を読んでみてください。(※文庫版の場合は第8巻なのでご注意を!)

 梁先生の語る物語

山奥でついに梁先生を見つけた鳴海たち。梁先生は鳴海の事情をくみ取り、ある物語を話し始めます。

今から200年以上も前、人形使いの兄弟・白銀(バイ=イン)と白金(バイ=ジン)はより高度な技術を得るため中国からプラハへと旅立ちます。

8年後、プラハに着いた彼らはある錬金術師に弟子入りし、錬金術の研究に励むのでした。



 フランシーヌとの出会い

プラハの生活に慣れてきた頃、白兄弟は貧しいリンゴ売りの少女・フランシーヌに出会います。

フランシーヌに好意を寄せる白金と、錬金術の妨げになることを危惧する白銀。

彼女がしろがねと瓜二つなのは、何か深い意味がありそうですよね…。

 カーニバルの人形劇

ある日、街でおこなわれるカーニバルへ繰り出す三人。

そこでフランシーヌの勧めもあり、酔いつぶれた操り手の代わりに白兄弟は人形劇を披露することに。

心からの笑顔を見せるフランシーヌ。幸福感に溢れるこのシーンはとても印象的でしたね。

 惹かれ始める白銀

すっかり酔いつぶれた弟を家に寝かせ、フランシーヌを家まで送る白銀。そして彼女が身寄りのない子供たちを一人で養っていることを知るのでした。

肩に刻印された盗人の烙印は、肺炎の子供のために卵を一個盗んだ際に押されてしまったそうです…。

フランシーヌの大きな人間性に惹かれ、ただ己の為だけの錬金術に白銀は疑問を持ち始めるのでした。

 ささやかな結婚式

フランシーヌのことで弟を怒らせてしまった白銀ですが、教会で祈るフランシーヌに出会い思いがけずプロポーズしてしまいます。

彼女のすべてを受け入れる白銀に心を開いたフランシーヌはこれを快諾。二人はささやかな結婚式を挙げます。

簡素な指輪でも満面の笑みで喜ぶフランシーヌは、本当に天使のようでしたね ♪

 憎しみに囚われる白金

教会での二人の結婚式を偶然に見てしまった弟の白金。

彼の顔は憎しみに囚われ、悪魔のようになっていました。

正直、次回のエピソードを観るのが本当に怖いです…。





 第9話「記憶」を無料で観る方法

アニメ『からくりサーカス』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

テレビ放送の1日前に最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

プライム会員は通常であれば月額400円が必要ですが、初回はなんと30日間無料!

今すぐ『からくりサーカス』のアニメを観たい方は、ぜひ無料登録してみてくださいね ♪

今すぐ無料で『からくりサーカス』第9話「記憶」を観る >>

 第9話「記憶」まとめ

今回は、物語の核心であるプラハ編がじっくりと描かれましたね。

笑顔で人の幸せを願うフランシーヌは本当に天使のようでした。^ ^

ちなみに兄の名前が「銀」で弟が「金」であることに違和感を感じたかもしれませんが、昔の中国では銀の方がより価値があったそうですよ。

そして第10幕「フランシーヌ」は、ハンカチを2~3枚用意しておいた方がいいかもしれません…。

からくりサーカス』の感想は毎週金曜日にアップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです♪

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

関連記事 : アニメ『からくりサーカス』8話「一瞬の始まりと終わり」感想 / 勝・しろがね・鳴海が束の間の再会!

今すぐ無料で『からくりサーカス』第9話「記憶」を観る >>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です