アニメ『からくりサーカス』8話「一瞬の始まりと終わり」ネタバレ感想 / 勝・しろがね・鳴海が束の間の再会!

アニメ『からくりサーカス』

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

前回、鳴海編と勝&しろがね編の両方が描かれた『からくりサーカス

物語はこれからどのように展開していくんでしょうか?

それでは第8一瞬の始まりと終わり」の感想をお届けしてゆきますね。

関連記事 : アニメ『からくりサーカス』7話「Demonic」ネタバレ感想 / 悪魔と化した鳴海、そしてナイフ使い・ヴィルマ登場!

今すぐ無料で『からくりサーカス』第8話「一瞬の始まりと終わり」を観る >>

 第8話「一瞬の始まりと終わり」あらすじ

新たな仲間・ナイフ使いのヴィルマ(井上麻里奈)が加わった仲町サーカスは、集めた興行資金により、伊豆にてようやく公演の時を迎える。

いよいよ公演が始まるというそのとき、太平洋上空では鳴海(小山力也)、ギイ(佐々木望)、ルシール(朴璐美)が真夜中のサーカスの痕跡を求めて、上海行きの飛行機に搭乗していた。

しかし、機内には自動人形も乗り込んでおり、激しい交戦状態に陥ってしまう。

出典 :『からくりサーカス』公式サイト

第8幕「一瞬の始まりと終わり」あらすじ >>



 第8話「一瞬の始まりと終わり」感想

 リーゼの過去

に自分の過去を話すリーゼ

ビーストという虎にお姉さんを殺されて以来、彼女は猛獣を使えなくなったそうです。

しかし勝は「リーゼさんのサーカスが見たいな」と笑顔で励ますのでした。

リーゼの過去は単行本の第5巻で詳しく描かれているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 しろがねの後悔

ヴィルマに「好きな男はいたか?」と聞かれ、鳴海と過ごした時間を思い出すしろがね

冷たく接してしまったことを後悔しており、再会できたら謝りたいと語ります。

しろがねが目に浮かべる涙を見ていると、胸が締め付けられてしまいますね…。

 ハイジャックされた飛行機

中国へ向かう鳴海・ギイ・ルシールの乗る飛行機が、自動人形(オートマータ)たちにハイジャックされてしまいます。

鳴海は自動人形に攻撃をしかけますが、なんと自動人形が爆発。

迂闊に手を出せない3人は、自動人形の提案するゲームに仕方なく乗ることに…。

 ギイの演技

鳴海たちが攻撃を受けるごとに人質の子供の指を折るという自動人形に、ギイは自分の指を折った方が面白いと提案します。

「指を何本折られようが痛みなど感じない」と涼しい顔をするギイを横目に、戦いを続ける鳴海。

子供を安心させるために平気なフリをするギイが、とてもカッコ良かったですね。^ ^

 賢明なルシール

コックピットに居座る自動人形を倒しに来たルシール。

自爆を脅しに使う自動人形でしたが、彼女は爆発させない倒し方を熟知していました。

さすが長生きなだけあって、自動人形に関する知識が豊富です♪

 Bon Voyage!

機内の自動人形は倒せたものの、飛行機の周りには新たな虫型の自動人形が!

乗客を助けるために、ギイはオリンピアで迎え撃ちます。

彼が去り際に口にする「Bon Voyage!(よい旅を)」という台詞が粋でしたね。

 束の間の再会

バランスを失った飛行機は、なんと仲町サーカスの近くに不時着します。

機内から飛び出し勝たちに襲いかかる自動人形をすかさず倒す鳴海。

一瞬ではありましたが、久々に3人が再会できて本当に嬉しかったです♪



 第8話「一瞬の始まりと終わり」を無料で観る方法

アニメ『からくりサーカス』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

テレビ放送の1日前に最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

プライム会員は通常であれば月額400円が必要ですが、初回はなんと30日間無料!

今すぐ『からくりサーカス』のアニメを観たい方は、ぜひ無料登録してみてくださいね ♪

今すぐ無料で『からくりサーカス』第8話「一瞬の始まりと終わり」を観る >>

 第8話「一瞬の始まりと終わり」まとめ

今回は久々に、勝・しろがね・鳴海の3人が(ほんの一瞬でしたが)再会できました!

そして第9幕「記憶」では、物語の核心に迫る過去編も描かれるみたいで本当に楽しみです。

からくりサーカス』の感想は毎週金曜日にアップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです♪

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

関連記事 : アニメ『からくりサーカス』9話「記憶」ネタバレ感想 / プラハの天使フランシーヌに恋をした白銀と白金の兄弟

今すぐ無料で『からくりサーカス』第8話「一瞬の始まりと終わり」を観る >>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です