アニメ『どろろ』第22話「縫の巻」ネタバレ感想&解説考察 / 鬼神と化した百鬼丸・多宝丸・安江姉弟たちの戦いがいま幕を開ける…!

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

1月から始まった話題のアニメ『どろろ

前回、醍醐の密偵による不意打ちにより崖下へ落とされた百鬼丸。

その傍らで、ミドロ号の亡骸はアヤカシと化すのでした。

それでは、第22話縫の巻」の感想と解説をお届けしますね。

前の記事アニメ『どろろ』21話「逆流の巻」感想&解説 / 百鬼丸と多宝丸の再戦、そしてミドロ号が巻き添えに

今すぐ『どろろ』を観たい方には、Amazon Prime Video がオススメ。

 

プライム会員の月額は500円なんですが、初回はなんと30日間無料!!

 

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

 

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

 第22話「縫の巻」あらすじ

醍醐の城に連れ去られ牢に閉じ込められてしまったどろろ(鈴木梨央)。

その牢の前に縫の方(中村千絵)が現れる。

一方、どろろと身体を取り戻さんと醍醐の城に向かおうとする百鬼丸(鈴木拡樹)の背後に、アヤカシと化したミドロ号が立っていて…。

出典 :『どろろ』公式サイト

第22話「縫の巻」あらすじ >>

 第22話「縫の巻」感想

 連れ去られるどろろ

百鬼丸が崖下へ突き落とされた後、醍醐の密偵たちに連れ去られるどろろ

そんな彼らのゆく様を、なんと百鬼丸の育ての親である寿海が見ていました。

彼も百鬼丸の身を案じ、醍醐領へとやって来たのでしょうか…?

 病に伏せる陸奥

なんとか一命をとりとめた多宝丸兵庫

しかし兵庫の姉である陸奥(むつ)は流行り病に侵されていました。

マサ

彼女の無念さが痛いほど伝わってきましたね…。

 どろろを救う縫の方

醍醐領の牢に捕らわれたどろろを助けたのは、なんと百鬼丸の母である縫(ぬい)の方。

百鬼丸に酷い言葉を投げかけた彼女に不信感を抱いていたどろろですが、縫の方と話すうちに心を開き始めます。

マサ

縫の方に母の温もりを感じるどろろが、とても可愛かったですよね ♪

 村へ流れ着く二人

共に屋敷を抜け出し舟で川を下るどろろと縫の方。

しかし雨による増水で、舟が転覆してしまいます。

そして気が付くと彼女たちは、ミドロ号が飼われていた村に匿われていました。

 百鬼丸による虐殺

その頃、ミドロ号に乗りどろろを探す百鬼丸は醍醐兵を次々と虐殺。

正気を失ってしまった彼は、もはや鬼神と同等の存在になっているようですね。

 地獄堂での取引き

かつて百鬼丸を喰えなかった十二番目の鬼神に対し、地獄堂で自分の身を差し出そうとする陸奥。

しかし鬼神は約定により、百鬼丸の身体以外は受け付けないようです。

それでも醍醐の国の安寧を望む多宝丸たちに、鬼神はとあるモノを授けるのでした。

 百鬼丸の身体を賭けた戦い

鬼神が多宝丸たちに授けたのは、なんと百鬼丸が探し求める彼の両目両腕

それぞれの願いを叶えるべく、いま最終決戦の幕が切って落とされるのでした!

マサ

まさか百鬼丸の残りパーツが、一気に出るとは思いませんでしたね…。

 第22話「縫の巻」解説&考察

 原作エピソードとの違い

第22話「縫の巻」はミドロ号が登場している以外は、アニメオリジナルの展開になっていましたね。

ちなみに原作のミドロ号は戦で死んだ後に魔物化し、賽の目の三郎太と共に百鬼丸に襲いかかる役回り。

しかしアニメのミドロ号は百鬼丸と共に、醍醐兵を虐殺してゆくアヤカシとなっていました。

ちなみにミドロが登場する「ミドロの巻」は単行本の第4巻に収録されているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね ♪

 十二番目の鬼神の狙いは?

第22話のラストで、鬼神により

  • 右目を失った多宝丸⇒百鬼丸の両目
  • 右腕を失った陸奥⇒百鬼丸の右腕
  • 左腕を失った兵庫⇒百鬼丸の左腕

が付与されるという驚愕の展開が待ち受けていました。

このように仕組んだ鬼神の狙いが気になりますが、どちら側が勝とうとも揃ったすべてのパーツを横取りしそうな気がしますよね…。

 陸奥は女性で確定

多宝丸の世話を幼少の頃からおこなっている兵庫と陸奥(むつ)。

陸奥は女性なのか本編で名言されてなかったのですが、第22話で兵庫が「姉上」と語ったことから、陸奥は女性であるとようやく確定しました。

 エンディング映像の変化

第21話のエンディング映像から、どろろの顔が鮮明になりました。

髪を結んでないどろろは、まさに美少女そのものですね ♪

そしてエンディング映像やヴォーカルがだんだんクリアになっているのは、百鬼丸が視覚や聴覚を取り戻す過程のメタファーなんでしょうか?

『どろろ』人物名の由来

『どろろ』に登場するキャラクターは手塚先生の遊び心もあって、食べ物から多く名づけられています。

そしてアニメオリジナルのキャラも、今のところそれに倣ってるみたいですね。

  • お須志(4話)⇒ 「お寿司」
  • ミオ(5・6話)⇒「おみおつけ(お味噌汁)」
  • おはぎ(7話)⇒「おはぎ」
  • お自夜(9話)⇒「おじや」
  • 助六(11・12話)⇒「助六寿司」
  • おかか(13話)⇒「おかか」
  • 鯖目(14・15話)⇒「サバ」
  • おこわ(19話)⇒「おこわ」

ちなみに主人公の一人である「どろろ」は食べ物ではなく、手塚先生の長男さんが幼かった頃「泥棒」がうまく発音できず「どろろお」と言っていたのをヒントにされたそうですよ。

 鬼神は残りあと何体?

これまでに倒した鬼神と取り戻したパーツは以下の通り。(時系列順)

  • エイリアンみたいな鬼神:右足(第3話)
  • 泥鬼:顔の皮膚(第1話)
  • 万代:神経系統(第2話)
  • 似蛭:耳と聴力(第4話)
  • 蟻地獄:声帯(第6話)
  • 残され雲:鼻(第8話)
  • マイマイオンバ:背骨(第15話)
  • 二郎丸:左足(第18話)
  • 鵺:なぜか取り返せず(第20話)

鬼神は全部で12体いるため「九尾」がまだ生きていれば残りあと3体です。

マサ

アニメがどのような結末を迎えるのか、まったく読めませんね…。

『どろろ』音楽集が発売決定!

アニメ『どろろ』のOP・ED曲&劇伴をすべて収録した『どろろ音楽集 -魂の鼓動-』 が、8月14日に発売されることになりました。

和楽器を取り入れた劇伴が個人的にかなりお気に入りなので、ぜひ予約してゲットしようと思います♪

浅田先生描き下ろしのジャケットイラストもすごく素敵ですよね!

 浅田先生の画集が発売決定!

アニメ『どろろ』のキャラクターデザインを手がける浅田弘幸先生の画集『風花雪月』が8月2日に発売されます!

全キャラクターの原案ドローイングに加え、美しいカラーイラストもたくさん収録されるそうですよ。

僕は浅田先生の大ファンなので、ぜひ予約してゲットするつもりです♪

そして7月15日まで、東京 space caiman にて『どろろ』原画展がおこなわれています。

興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね ♪

『アニメージュ』で表紙・巻頭特集!

5月10日(金)発売の『アニメージュ』で、なんと『どろろ』が表紙を飾っています!

脚本・小林靖子さんやどろろ役・鈴木梨央さんのインタビューなど、16ページにわたって特集されていますよ。

さらに設定資料集なども掲載されているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに中身を無料で読みたい方は「Kindle Unlimited」を利用するのがオススメ!

通常は月額980円なのですが、初回30日間は無料で利用できますよ♪

 アニメ『どろろ』を無料で観る方法

アニメ『どろろ』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

ネットですぐに『どろろ』1話~最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

そして『どろろ』だけでなく、話題の『ケムリクサ』や『約束のネバーランド』も全話見放題になっています。

プライム会員は通常であれば月額500円必要ですが、初回はなんと30日間無料!!

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

Amazonプライムをチェックする >>

 第22話「縫の巻」まとめ

第22話「縫の巻」は、多宝丸・陸奥・兵庫たちに百鬼丸の残りパーツが付与されるという驚きの展開になっていましたね。

百鬼丸と多宝丸のどちらが勝とうとも悲劇的な展開は免れないので、とても心が締めつけられます。

第23話「鬼神の巻」の放送を、震えながら待つことにしましょう…!

『どろろ』の感想は毎回アップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです♪

ちなみに『どろろ』Blu-ray BOX 上巻には1話~12話まで収録と、かなりお買い得になっていますよ。^ ^

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

次の記事アニメ『どろろ』23話「鬼神の巻」感想&解説 / 人と鬼神の違いとはいったい何なのか…!?

おすすめ記事アニメ『進撃の巨人 Season3』を全話無料で観る方法

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

アニメ『どろろ』第23話「鬼神の巻」ネタバレ感想&解説考察 / 人と鬼神の違いとはいったい何なのか…!?

 こちらの記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です