アニメ『どろろ』第24話(最終回)「どろろと百鬼丸」ネタバレ感想&解説考察 / 皆の愛により人の心を取り戻した百鬼丸

ども、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

前回、ついに両腕を取り戻した百鬼丸。

そして彼は醍醐の城にて、多宝丸との最終決戦に臨むのでした…。

では、第24話どろろと百鬼丸」の感想と解説をお届けしますね。

前の記事アニメ『どろろ』23話「鬼神の巻」感想&解説 / 人と鬼神の違いとはいったい何なのか…!?

今すぐ『どろろ』を観たい方には、Amazon Prime Video がオススメ。

 

プライム会員の月額は500円なんですが、初回はなんと30日間無料!!

 

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

 

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

 第24話「どろろと百鬼丸」あらすじ

炎に包まれる醍醐の城。

運命に翻弄される血を分けた兄弟。

どろろ、寿海、縫の方はそれぞれの想いを胸に抱え城へ向かう。

産声さえあげられなかったその命が辿り着く先は、果たして―。

出典 :『どろろ』公式サイト

第24話「どろろと百鬼丸」あらすじ >>

 第24話「どろろと百鬼丸」感想

 百鬼丸と多宝丸の一騎打ち

燃えゆく醍醐城にて、再び刀を交える百鬼丸多宝丸の兄弟。

ここは本来、貴様が入れる場所ではない!」と叫ぶ多宝丸に対し、百鬼丸は「俺のだ!」と返します。

そして彼は多宝丸の心にぽっかりと穴が空いていることに気づくのでした。

マサ

母の心が百鬼丸に向けられていた為、多宝丸の心も満たされていなかったんですよね…。

 城内へ潜入する縫の方

城内への道を探すどろろは、井戸から城へ入ろうとする縫の方琵琶丸に出会います。

縫の方はどろろに「あの子のそばにいてあげて下さい」と伝え、ひとり城の方へ。

なんとか扉に辿り着くも、扉が開かず立ち尽くす縫の方。

そして突然向こう側から扉を開けてくれたのは、なんと先に百鬼丸育ての親・寿海でした。

マサ

ここにきて、二人の母が顔を合わせるのは胸熱でしたね!

 情けをかける百鬼丸

多宝丸へとどめを刺す刹那、どろろの存在を思い出す百鬼丸。

そして彼は太刀筋をずらし、多宝丸の命を奪いませんでした。

なぜ外した?」と問う多宝丸に、「わからない。ただ、お前も同じだ。人だ」と百鬼丸は返します。

マサ

どろろの想いが見事に報われた瞬間でしたね。

 鬼神に打ち勝つ多宝丸

決着がついた次の瞬間、鬼神に身体を操られてしまう多宝丸。

しかし彼は不屈の精神でそれに抗い、自らの顔から百鬼丸の両目を抉り出すのでした。

そして現れた鬼神の本体を、百鬼丸が見事に討ち果たします。

マサ

最後の最後に兄弟愛が見られて感動しました…。

 百鬼丸を救う縫の方と寿海

両目を取り戻すも身動きがとれなくなった百鬼丸を助けたのは、縫の方と寿海の二人。

縫の方は百鬼丸を抱きしめ、寿海は「生きろ。その血にまみれた身体に鬼ではなく人を宿せ」と木彫りの菩薩像を贈ります。

そして百鬼丸をどろろに託した二人は、倒れた多宝丸と共に炎の中へ消えるのでした。

マサ

多宝丸にも救いが用意されていて本当に良かったです…!(涙)

 どろろを褒める百鬼丸

百鬼丸を連れて城から脱出を図るどろろ。

その途中で百鬼丸は「空、綺麗だ…」「どろろ、綺麗だ…」と口にし、どろろは本気で照れてしまいます。

彼らが脱出した直後、跡形もなく燃え尽きてしまう醍醐の城。

そして地獄堂では、最後の鬼神像が崩れ落ちるのでした…。

 どろろの提案

鬼神の恵みが失われ、すっかり荒廃してしまった醍醐の国。

そんな国を救うため、どろろは両親が遺してくれた隠し財産を使うことを提案します。

しかし、百鬼丸は用事があると出かけていってしまうのでした。

 父・景光との決着

地獄堂にて、父・景光(かげみつ)と再会を果たす百鬼丸。

いまだに鬼神の力に頼ろうとする父に、菩薩像を残し「俺は人だ。あんたも鬼神になるな。人として生きろ」と諭します。

そして景光は血の涙を流し、「百鬼丸、お前がこの国を継いでいたら…」と自らの愚行を後悔するのでした。

マサ

一時は鬼神の力にのみ込まれた百鬼丸が、父を諭す展開に感動しましたね…。

 そして、それぞれの道へ

自らを見つめ直す旅に出てしまった百鬼丸を理解し、自分のゆくべき道へ踏み出したどろろ。

そしていつの日か、どろろと百鬼丸は再び何処かで出会うことでしょう。

 第24話「どろろと百鬼丸」解説&考察

 なぜ百鬼丸は旅に出たのか?

第24話のラストでどろろを置いて旅に出てしまった百鬼丸。

人の心を取り戻したからこそ、これまでに殺めた人のことを想い、寿海のように罪を贖いたくなったのかもしれませんね。

そして数年後にどろろと再会しそうな描かれ方だったので、きっと道中で多くの人を救ってくれることでしょう。

 原作エピソードとの違い

第24話「どろろと百鬼丸」は原作最終話である「ぬえの巻」といろいろな違いがありました。

  • 百鬼丸:原作では一人で旅に出たのち行方知れずに…。⇒ アニメでは数年後にどろろと再会しそうな描写。
  • どろろ:原作では百鬼丸と別れたのち再会せず。⇒ アニメでは隠し財産で国を救い、数年後に百鬼丸と再会?
  • 多宝丸;原作では「ばんもん」の時点で死亡。⇒ アニメでは百鬼丸と和解し、母に看取られながら死亡。
  • 醍醐景光:原作では百鬼丸に国を追い出される。⇒ アニメでは百鬼丸に菩薩像を渡され、人の道に戻される。
  • 縫の方:原作では景光と共に国を追い出される。⇒ アニメでは多宝丸を看取りながら、炎に包まれ死亡。
  • 寿海:原作では百鬼丸を旅に出したあと再会せず。⇒ アニメでは菩薩像を託したのち、炎に包まれ死亡。

原作の『どろろ』は打ち切りだったので魔神をすべて倒さず終わってしまったのですが、アニメ版は鬼神をすべて倒し希望のあるラストになっていました。

ちなみに「ぬえの巻」は単行本の第4巻に収録されているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね ♪

 人と鬼神の違いとは何なのか?

第23話の中で琵琶丸が「鬼神と仏、どちらに振り切れても人でなくなる」と語っていましたが、個人的には「鬼も仏も、人の中に内包されているもの」だと思います。

つまり「人は誰しも何かのキッカケで鬼にも仏にもなり得る」のではないかと。

火の鳥鳳凰編や『ブラック・ジャック』などを読んで、僕はそう感じました。

 エンディング映像の変化

第21話のエンディング映像から、どろろの顔が鮮明になりました。

髪を結んでないどろろは、まさに美少女そのものですよね ♪

そしてエンディング映像やヴォーカルがだんだんクリアになったのは、百鬼丸が視覚や聴覚を取り戻す過程のメタファーだったように思います。

『どろろ』人物名の由来

『どろろ』に登場するキャラクターは手塚先生の遊び心もあって、食べ物から多く名づけられています。

そしてアニメオリジナルのキャラも、今のところそれに倣ってるみたいですね。

  • お須志(4話)⇒ 「お寿司」
  • ミオ(5・6話)⇒「おみおつけ(お味噌汁)」
  • おはぎ(7話)⇒「おはぎ」
  • お自夜(9話)⇒「おじや」
  • 助六(11・12話)⇒「助六寿司」
  • おかか(13話)⇒「おかか」
  • 鯖目(14・15話)⇒「サバ」
  • おこわ(19話)⇒「おこわ」

ちなみに主人公の一人である「どろろ」は食べ物ではなく、手塚先生の長男さんが幼かった頃「どろぼう」がうまく発音できず「どろろお」と言っていたのをヒントにされたそうですよ。

 百鬼丸が取り戻した身体一覧

百鬼丸が戦った鬼神と取り戻したパーツは以下の通り。(時系列順)

  • エイリアンみたいな鬼神:右足(第3話)
  • 泥鬼:顔の皮膚(第1話)
  • 万代:神経系統(第2話)
  • 似蛭:耳と聴力(第4話)
  • 蟻地獄:声帯(第6話)
  • 残され雲:(第8話)
  • マイマイオンバ:背骨(第15話)
  • 二郎丸:左足(第18話)
  • 陸奥:右腕(第23話)
  • 兵庫:左腕(第23話)
  • 多宝丸:両目(第24話)

マサ

すべての身体を取り戻せて本当に良かったです…!

 鈴木拡樹さん&梨央さんSP対談

公式サイトでは百鬼丸役の鈴木拡樹さんとどろろ役の鈴木梨央さんのスペシャル対談が掲載されています。

アフレコの様子や作品への想いが詳しく語られているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

【鈴木拡樹×鈴木梨央】スペシャル対談 >>

『どろろ』音楽集が発売決定!

アニメ『どろろ』のOP・ED曲&劇伴曲をすべて収録したどろろ音楽集 -魂の鼓動- が、8月14日に発売されることになりました。

和楽器を取り入れた劇伴が個人的にかなりお気に入りなので、ぜひ予約してゲットしようと思います♪

浅田先生描き下ろしのジャケットイラストもすごく素敵ですよね!

 浅田先生の画集が発売決定!

アニメ『どろろ』のキャラクターデザインを手がけた浅田弘幸先生の画集『風花雪月』が、8月2日に発売されます!

全キャラクターの原案ドローイングに加え、美しいカラーイラストもたくさん収録されるそうですよ。

僕は浅田先生の大ファンなので、ぜひ予約してゲットするつもりです♪

そして7月15日まで、東京 space caiman にて『どろろ』原画展がおこなわれています。

興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね ♪

『アニメージュ』で表紙・巻頭特集!

5月に発売された『アニメージュ』で、なんと『どろろ』が表紙を飾っています!

脚本・小林靖子さんやどろろ役・鈴木梨央さんのインタビューなど、16ページにわたって特集されていますよ。

さらに設定資料集なども掲載されているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね ♪

 アニメ『どろろ』を無料で観る方法

アニメ『どろろ』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

ネットですぐに『どろろ』1話~最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

そして『どろろ』だけでなく、話題の『ケムリクサ』や『約束のネバーランド』も全話見放題になっています。

プライム会員は通常であれば月額500円必要ですが、初回はなんと30日間無料!!

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

Amazonプライムをチェックする >>

 第24話「どろろと百鬼丸」まとめ

第24話「どろろと百鬼丸」は救いのあるラストが描かれており、個人的にとても嬉しかったです。

ぶっちゃけ誰も幸せになれないバッドエンドも覚悟していましたので…(笑)

脚本・小林靖子さんは「人であるとはどういうことか?」というテーマを主軸に、素晴らしい物語を再構成してくださったと思います。

そして手塚治虫ファンとして、キャストやスタッフの皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいですね。

8月発売の『どろろ』Blu-ray BOX 下巻のジャケットも素敵なので、ぜひゲットしようと思います♪

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

おすすめ記事Twitterでバズった商品おすすめ5選

【2019年】SNSバズり商品おすすめ12選|便利グッズや面白グッズを厳選してご紹介しています!【人気アイテム】

おすすめ記事遠藤達哉『SPY×FAMILY』①巻感想&解説|作品の魅力や単行本を無料で読む方法をご紹介!

遠藤達哉『SPY×FAMILY』第1巻感想&解説|作品の魅力や単行本を無料で読む方法をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です