アニメ『どろろ』第15話「地獄変の巻」ネタバレ感想&解説考察 / マイマイオンバを討つも、どろろとすれ違う百鬼丸

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

1月から始まった話題のアニメ『どろろ

前回、森の中で妖怪小僧に懐かれてしまったどろろと百鬼丸。

その後、焼け寺の跡地にて鯖目という男に出会います。

そして鯖目の屋敷で鬼神・マイマイオンバに襲われるのでした。

では、第15話地獄変の巻」の感想と解説をお届けしますね。

関連記事アニメ『どろろ』14話「鯖目の巻」感想&解説 / 百鬼丸たちに迫るマイマイオンバの影

今すぐ『どろろ』を観たい方には、Amazon Prime Video がオススメ。

 

プライム会員の月額は500円なんですが、初回はなんと30日間無料!!

 

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

 

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

 第15話「地獄変の巻」あらすじ

鯖目は自分が治める里を守り抜くため、鬼神に人を喰わせていたのであった。

百鬼丸は再び蛾の鬼神と対峙する。その頃、蔵に閉じ込められていたどろろは…。

出典 :『どろろ』公式サイト

第15話「地獄変の巻」あらすじ >>

 第15話「地獄変の巻」感想

 屋敷に留まる二人

鯖目と共に朝食を食べるどろろと百鬼丸。

そんな二人に鯖目は「好きなだけ泊まってくれて構わぬぞ」と伝えます。

そしてどろろは里での情報収集、百鬼丸は鯖目の監視をすることにしました。

 何かを隠す村人たち

ある老婆によると、この村は鯖目のおかげで豊かさを維持できているとのこと。

しかしどろろが焼けた寺について尋ねると、何も言わずその場を去るのでした。

どうやら村人たちは、焼け寺の慈照尼や子供について心当たりがあるようですね。

 鯖目を尾行する百鬼丸

尾行してきた百鬼丸に対し、鯖目は「この里が私のすべて。あやかしも儂が守らねばならぬ民なのだ」と言い放ちます。

鬼神・マイマイオンバを匿うのには、何か深い事情がありそうですね…。

 村の外れの怪しい蔵

どろろが村はずれの蔵に潜入すると、そこには米が保管されていました。

しかし地下室への入り口に気づいたどろろは、村人に閉じ込められてしまいます。

 妖怪小僧の正体

地下室でマイマイオンバの子供たちに狙われたどろろを助けてくれたのは、なんと焼け寺で姿を消していた妖怪小僧。

小僧の正体はなんと、マイマイオンバの餌にされてしまった寺の子供たちの霊だったのです。

子供たちの霊に導かれ、どろろは何とか蔵から脱出するのでした。

 戦う百鬼丸

羽化したマイマイオンバの子供と戦う百鬼丸。

子供を倒したのち、今度は湖にてマイマイオンバ本体と戦います。

炎をうまく使い、なんとか打ち倒すことに成功しました。

 取り戻した背骨

マイマイオンバを倒したことで、百鬼丸は背骨を取り戻します。

なんと擬似の背骨も作っていた寿海さん、流石ですね…。

 すれ違う二人

すっかり焼けてしまった村を見て思い悩むどろろに対して、涼しい顔をする百鬼丸。

そんな彼との距離を感じ、どろろは百鬼丸とは別の道をゆくのでした。

そして彼女の前にあらわれたのは、なんと父・火袋の敵であるイタチだったのです…!

 第15話「地獄変の巻」解説&考察

 原作エピソードとの違い

第15話「地獄変の巻」は、原作を元にしつつもいくつかの違いがありました。

  • 寺を焼いた犯人:原作ではマイマイオンバ ⇒ アニメでは鯖目と村人たち
  • 鯖目:原作では百鬼丸に毒を盛るが、改心して僧になる ⇒ アニメではあっけなく死亡
  • どろろ:原作では率先してマイマイオンバと戦う ⇒ アニメでは戦いに対して消極的
  • 取り戻すパーツ:原作では左足 ⇒ アニメでは背骨

アニメでは尺の関係か、かなりあっさりとした戦いになっていましたね…。

個人的には原作での総力戦の方が面白く、鯖目が僧になって尼寺を再建する展開にグッとくるものがありました。

ちなみに原作の「地獄変の巻」は単行本の第3巻に収録されているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

『どろろ』人物名の由来

『どろろ』に登場するキャラクターは手塚先生の遊び心もあって、食べ物から多く名づけられています。

そしてアニメオリジナルのキャラも、今のところそれに倣ってるみたいですね。

  • お須志(4話)⇒ 「お寿司」
  • ミオ(5・6話)⇒「おみおつけ(お味噌汁)」
  • おはぎ(7話)⇒「おはぎ」
  • お自夜(9話)⇒「おじや」
  • 助六(11・12話)⇒「助六寿司」
  • おかか(13話)⇒「おかか」

ちなみに主人公の一人である「どろろ」は食べ物ではなく、手塚先生の長男さんが幼かった頃「泥棒」がうまく発音できず「どろろお」と言っていたのをヒントにされたそうですよ。

 鬼神は残りあと何体?

これまでに倒した鬼神と取り戻したパーツは以下の通り。(時系列順)

  • エイリアンみたいな鬼神:右足(第3話)
  • 泥鬼:顔の皮膚(第1話)
  • 万代:神経系統(第2話)
  • 似蛭:耳と聴力(第4話)
  • 蟻地獄:声帯(第6話)
  • 残され雲:鼻(第8話)
  • マイマイオンバ:背骨(第15話)

鬼神は全部で12体いるため、残り5体ですね。

そして百鬼丸を喰い損ねた12番目の鬼神が、ラスボスになるのかもしれません…。

 アニメ『どろろ』は全何話?

公式で『どろろ』Blu-ray BOX 上巻下巻の内容が発表され、『どろろ』が「全24話」であることが判明しました。

個人的には、鬼神以外のエピソードも丁寧に描いてもらえると嬉しいです♪

 新OPテーマ曲はアジカン!

第13話からオープニングテーマ曲が、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「Dororo」に替わりました。

『どろろ』の世界観に合った歌詞と、疾走感のあるメロディーがすごく素敵ですよね ♪

 アニメ『どろろ』を無料で観る方法

アニメ『どろろ』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

ネットですぐに『どろろ』1話~最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

そして『どろろ』だけでなく、話題の『ケムリクサ』や『約束のネバーランド』も全話見放題になっています。

プライム会員は通常であれば月額500円必要ですが、初回はなんと30日間無料!!

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

Amazonプライム公式サイトをチェックする >>

 第15話「地獄変の巻」まとめ

今回は、どろろと百鬼丸のすれ違いが印象的な回でしたね…。

ラストシーンでは、どろろ因縁の相手・イタチが再登場しました。

というわけで第16話「しらぬいの巻」も、今から本当に楽しみです!

『どろろ』の感想は毎回アップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてくださいね ♪

そして5月発売の『どろろ』Blu-ray BOX 上巻には1話~12話まで収録とかなりお買い得なので、ぜひゲットしようと思います。^ ^

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

アニメ『どろろ』第16話「しらぬいの巻」ネタバレ感想&解説考察 / 二郎丸と三郎丸を従えた少年・しらぬい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です