アニメ『どろろ』第20話「鵺の巻」ネタバレ感想&解説考察 / 百鬼丸・多宝丸・三郎太、それぞれの葛藤

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

1月から始まった話題のアニメ『どろろ

前回、天邪鬼のせいでおこわと結婚させられそうになった百鬼丸。

焦るどろろの姿が、とても可愛らしかったですよね ♪

それでは、第20話鵺の巻」の感想と解説をお届けします。

前の記事アニメ『どろろ』19話「天邪鬼の巻」感想&解説 / 名工・宗綱と百鬼丸に惚れてしまったおこわ

今すぐ『どろろ』を観たい方には、Amazon Prime Video がオススメ。

 

プライム会員の月額は500円なんですが、初回はなんと30日間無料!!

 

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

 

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

 第20話「鵺の巻」あらすじ

妖怪を探し山道を歩いていたどろろ(CV:鈴木梨央)と百鬼丸(CV:鈴木拡樹)は、賽の目の三郎太(CV:中村悠一)という少年に出会う。

自分も妖怪を狙っている、と言う三郎太と共に退治に向かうのであった。

出典 :『どろろ』公式サイト

第20話「鵺の巻」あらすじ >>

 第20話「鵺の巻」感想

 醍醐の国の災厄

災厄に見舞われた醍醐の領地を視察する多宝丸兵庫陸奥の三人。

飢餓に苦しむ村人とのやり取りを通して、多宝丸は鬼神(=百鬼丸)を倒す意志をより強くするのでした。

 紅葉の山をゆく二人

化け物を退治するために、とある紅葉の山をゆく百鬼丸どろろ

どろろは百鬼丸と一緒にいることで、以前より自然の美しさに気づけるようになります。

そしてアケビの実を採ってくれた百鬼丸に、心から感動するのでした。

マサ

転んで頭に紅葉が付いたどろろが可愛かったですね ♪

 賽の目の三郎太

仲睦まじく話す百鬼丸とどろろの前に現れたのは、賽の目の三郎太という男。

彼は化け物に母親を喰われたらしく、その仇をとるため半年間も山に籠っていました。

 キメラの鬼神・鵺(ぬえ)

三郎太の言う通り山に現れたのは、狒々の頭に虎の身体、鳥の足と蛇の尾を持つ鬼神・(ぬえ)でした。

しかし戦おうとする百鬼丸たちの背後から、なんと三郎太が刀で斬りかかります。

彼は泣き叫ぶ人々を見ることで、自分の心の穴を埋めようとしていました。

そして鵺の一撃により岩場が崩れ、百鬼丸とどろろは崖の下へ…。

 地獄堂の異変

いっぽう醍醐の国では、景光のもとへ地獄堂の鬼神像の様子がおかしいとの報告が。

なんと百鬼丸の身体を喰い損ねた鬼神像から鼓動の音がするというのです。

マサ

やはりこいつが今作のラスボスになりそうですね…。

 絶対絶命のどろろ

崩れた岩に左手をはさまれたどろろに、湧き水がどんどん迫ります。

彼女を溺れさせないよう救出を試みる百鬼丸でしたが、刀の両手ではうまく岩をどかせません。

どろろが沈みそうになった瞬間、危機を救ってくれたのはなんと琵琶丸でした。

自力で救えなかったことにショックを受ける百鬼丸は、腕を取り戻すべく鵺のもとへ急ぎます。

 三郎太を喰らう鵺

臆することなく鵺と戦う百鬼丸に嫉妬心を隠せない三郎太。

百鬼丸に重傷を負わされた鵺は、なんと三郎太を喰らい取り込んでしまいます。

半人半妖となった鵺&三郎太に対しても、情け容赦なくとどめを刺す百鬼丸。

しかし彼の身体はどこも元には戻らず、苛立った百鬼丸は醍醐の国を目指すのでした。

マサ

百鬼丸の心臓が赤い鬼神の色に染まっていたのが、とても心配になりましたよね…。

 第20話「鵺の巻」解説&考察

 原作エピソードとの違い

第20話「鵺の巻」は、原作から大きな改変がおこなわれていました。

  • 賽の目の三郎太:原作では仕官のアテを探す侍で、景光に取り入る ⇒ アニメでは鬼神・鵺と共謀し人々を襲う
  • 鵺(ぬえ):原作では事実上のラスボス ⇒ アニメではラスボスではなく、鬼神の一体

原作における事実上のラスボスである「ぬえ」が現段階で登場したのは驚きました。

そしてまさか別のエピソードで登場する「三郎太」と組み合わされるとは…!

おそらく今回は、

  • どろろを救いたくても救えない百鬼丸
  • 母を救いたくても救えない三郎太
  • 民を救いたくても救えない多宝丸

という三者三様の絶望を描きたかったのでしょうね。

仮面ライダー龍騎』でも感じましたが、脚本の小林靖子さんは人間の葛藤を描くのが本当に上手いと思います。

ちなみに第20話のモチーフになった「ミドロの巻」「ぬえの巻」は単行本の第4巻に収録されているので、興味のある方はぜひ読んでみてください ♪

 百鬼丸の身体はなぜ元に戻らなかったのか?

今回「鵺」を倒したにも関わらず百鬼丸の身体が取り戻せなかった理由ですが、おそらく例の十二番目の鬼神が関係しているものと思われます。

かつて百鬼丸を喰い損ねた鬼神が、首なし菩薩像の加護が消えたことで急速に力をつけてきているのでしょう。

百鬼丸の残りのパーツは、もしかしたら十二番目の鬼神がすべて奪っているのかもしれませんね。

『どろろ』人物名の由来

『どろろ』に登場するキャラクターは手塚先生の遊び心もあって、食べ物から多く名づけられています。

そしてアニメオリジナルのキャラも、今のところそれに倣ってるみたいですね。

  • お須志(4話)⇒ 「お寿司」
  • ミオ(5・6話)⇒「おみおつけ(お味噌汁)」
  • おはぎ(7話)⇒「おはぎ」
  • お自夜(9話)⇒「おじや」
  • 助六(11・12話)⇒「助六寿司」
  • おかか(13話)⇒「おかか」
  • 鯖目(14・15話)⇒「サバ」
  • おこわ(19話)⇒「おこわ」

ちなみに主人公の一人である「どろろ」は食べ物ではなく、手塚先生の長男さんが幼かった頃「泥棒」がうまく発音できず「どろろお」と言っていたのをヒントにされたそうですよ。

 鬼神は残りあと何体?

これまでに倒した鬼神と取り戻したパーツは以下の通り。(時系列順)

  • エイリアンみたいな鬼神:右足(第3話)
  • 泥鬼:顔の皮膚(第1話)
  • 万代:神経系統(第2話)
  • 似蛭:耳と聴力(第4話)
  • 蟻地獄:声帯(第6話)
  • 残され雲:鼻(第8話)
  • マイマイオンバ:背骨(第15話)
  • 二郎丸:左足(第18話)
  • 鵺:なぜか取り返せず(第20話)

鬼神は全部で12体いるため「九尾」がまだ生きていれば残りあと3体です。

マサ

百鬼丸を喰い損ねた12番目の鬼神が、ラスボスになりそうな気がします…。

『どろろ』音楽集が発売決定!

アニメ『どろろ』のOP・ED曲&劇伴をすべて収録した『どろろ音楽集 -魂の鼓動-』 が、8月14日に発売されることになりました。

和楽器を取り入れた劇伴が個人的にかなりお気に入りなので、ぜひ予約してゲットしようと思います♪

浅田先生描き下ろしのジャケットイラストもすごく素敵ですよね。

 浅田先生の画集が発売決定!

アニメ『どろろ』のキャラクターデザインを手がける浅田弘幸先生の画集『風花雪月』が8月2日に発売されます!

全キャラクターの原案ドローイングに加え、美しいカラーイラストもたくさん収録されるそうですよ。

僕は浅田先生の大ファンなので、ぜひ予約してゲットするつもりです♪

そして7月15日まで、東京 space caiman にて『どろろ』原画展がおこなわれています。

興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね ♪

『アニメージュ』で表紙・巻頭特集!

5月10日(金)発売の『アニメージュ』で、なんと『どろろ』が表紙を飾っています!

脚本・小林靖子さんやどろろ役・鈴木梨央さんのインタビューなど、16ページにわたって特集されていますよ。

さらに設定資料集なども掲載されているので、興味のある方はぜひゲットしてみてくださいね ♪

 アニメ『どろろ』を無料で観る方法

アニメ『どろろ』は現在、

Amazon Prime Video でのみ配信がおこなわれています。

ネットですぐに『どろろ』1話~最新話を観られるのが、Amazon Prime Video の大きなメリット。

そして『どろろ』だけでなく、話題の『ケムリクサ』や『約束のネバーランド』も全話見放題になっています。

プライム会員は通常であれば月額500円必要ですが、初回はなんと30日間無料!!

今すぐ『どろろ』のアニメを観たい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてくださいね ♪

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

Amazonプライムをチェックする >>

 第20話「鵺の巻」まとめ

第19話がコメディ回だったのである程度の覚悟はしてたのですが、今回はかなり重たいエピソードでしたね。

だんだんと正気を失ってきている百鬼丸のことが本当に心配になってしまいます…。

そして第21話「逆流の巻」にはミドロ(白い馬)が登場するようなので、個人的にとても楽しみですね。

『どろろ』の感想は毎回アップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです♪

ちなみに『どろろ』Blu-ray BOX 上巻には1話~12話まで収録と、かなりお買い得になっていますよ。^ ^

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

おすすめ記事アニメ『進撃の巨人 Season3』を全話無料で観る方法

おすすめ記事アニメ『かぐや様は告らせたい』を全話無料で観る方法

今すぐ無料でアニメ『どろろ』を観る >>

アニメ『どろろ』第21話「逆流の巻」ネタバレ感想&解説考察 / 百鬼丸と多宝丸の再戦、そして巻き添えになるミドロ号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です