優しさこそ

こんにちは、マサです。

最近ネットなどを見ていてどうも「強さ」というものが誤解されてるような気がするので、今日は僕なりの考えを綴ってみようと思います。

自分の有能さや正論を誇示してマウントをとることが「強さ」だという風潮があるみたいなんですが、果たしてそれは本当の「強さ」なんでしょうか?

どちらかというとそれは自分が強く見られたいという心の弱さの表れなのではないかと思います。きっと自分の優位性を常に確認していないと不安で仕方ないのでしょうね。

では本当の「強さ」とは何かと言えば、困っている人にそっと手を差し伸ばせる優しさではないかと僕は思います。自分の心に余裕がない時って、他の人を助けることはなかなか出来ないですよね。

というわけで僕はなるべく心のゆとりを保ち、どんな相手に対しても優しい人間でありたいです。もちろん人間なので上手くいかない時もありますが、そこは日々精進ですね…。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

2 Comments

「強」と言う漢字には悪い意味と良い意味があり、幅が広いですからねΣ(-᷅_-᷄๑)
「見栄と意地と快感(発散)」って言う見方も出来ますかね?
‥「強いですね」と言われても
「強」の意味をよく分かってないので
毎度、どう返事して良いのか迷っています。
優しさも追及してみると一種の自己満になるので
これまた難しい話しになっていくんですよねm(._.)m
(優しさを否定してる訳ではないです)
強さと弱さは紙一重なので
寿命は短いですが見つけていきたいなぁと思っています。
様々な分野においてどこまで極める事が出来るのか試してみたいです(^ν^)

返信する
マサ

確かに言葉をどう定義づけるかによってそれが意味するところがかなり変わってきますよね。
もしかしたら「強さ」と「弱さ」を論ずること自体あまり意味のないことなのかもしれません…。
ただ自分の中の指針みたいなものを再確認したくて今回の記事を書いてみました。
そして瀛さんがおっしゃるように人間の寿命は短いと思うので、お互い自分の関心事についてしっかり探究してゆきたいですね ♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です