ひとつひとつ

こんにちは、マサです。

今回は自分がやりたいことを上手く実現させるためのテクニックをご紹介しますね。

それは「やりたいことを出来る限り小さく分けて、ひとつひとつ丁寧に実行する」こと。

この説明だとちょっと漠然としているので、具体例を交えながら説明してゆきます。

1. ラクに出来るサイズにまで分割する

まずは自分のやりたいことを、ラクに出来る範囲の大きさまで分割してゆきます。

以前「グランドキャニオンの片隅で」でも書いたように、僕は学生時代に初めてアメリカへ行ったのですが この旅を計画した時にも分割テクニックを使いました。

海外旅行なんてしたことも無かった僕はどうすればグランドキャニオンへ行けるか見当もつかなかったのですが、とりあえず今すぐに出来る小さな行動は何かを考えました。

すると「近所の旅行代理店へパンフレットを貰いに行く」ことなら今すぐに出来そうだと思いついたのです。

2. ひとつひとつ丁寧に実行する

目標のためにやるべきことが分かったなら後はそれをひとつひとつ実行してゆくだけです。

先ほどのアメリカ旅行の例だと、パンフレットを手に入れた僕は旅行代金や必要なものについての具体的な情報を得ることができました。

そして新たなミッション「旅行代金を貯めるためにアルバイトをする」「パスポートを取りに行く」「旅行に必要なグッズを揃える」などをひとつひとつクリアしてゆき無事にアメリカへと旅立ったのです。

今回のまとめ

かんたん2STEPテクニック、いかがでしたか?

これはさまざまな場面で使えるので、やりたいことがなかなか実現できない方はぜひ試してみてください ♪

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!



2 Comments

今回のブログ見て思うことは
「一番大事な事は概念、当たり前を持たない事」ですよね。
(自分にとって)寝床から起きる事だって凄い事❗️
とか、、、
兎に角、周りと比較する気持ちも持たない事ですよね。
周りはできてる人多いから
これぐらい出来ても別に‥
って考えを持つと何を出来ても自信なくしそうな感じがします(^^;;
‥自分の場合、2つくらい出来ることをした後に
出来ない事を1つチャレンジしてみるという感じでやってはいます。
具体例出さずともマサさんなら分かると思いますので省きます。
モチベーションは自分で作る、与えられるものではない。
再度、そう思いました。

返信する
マサ

瀛さん、コメントありがとうございます!

やはり他人の評価という曖昧なものだけを基準にしてしまうと、いつの間にか自信をなくしてしまいがちですよね。

「生きてるだけで凄いことだ」という前提で日々を生きれば、どんな状況でもポジティブな心持ちで物事に取り組めるような気がします。

大切なのは「減点法」ではなく「加点法」ですね ♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です