高橋和希『THE COMIQ』第2話ネタバレ感想 / 魔法天使ペンデュラムが可愛い ♪

高橋和希『THE COMIQ』

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

先月から短期集中連載が始まった高橋和希先生の『THE COMIQ

第1話は先の展開がとても気になる素晴らしい仕上がりでした。

というわけで第2話の感想をお届けいたしますね。

関連記事 : 高橋和希『THE COMIQ』第1話ネタバレ感想 / 漫画の力で真実に迫る新感覚サスペンス!




『THE COMIQ』あらすじ

念願の「少女ジャンプ」連載を果たした主人公・坂巻良太。

彼は担当編集・相持に背景のアシスタントを紹介してもらう。

見事な背景が毎回データで送られてくるが、実はその絵には「ある秘密」が!

坂巻は知らない間に、大きな事件へと巻き込まれてゆく…。

高橋和希『THE COMIQ』公式ページ

『THE COMIQ』登場人物

坂巻 良太 (さかまき りょうた):主人公の漫画家。「少女ジャンプ」で『恋するペンデュラム』を連載中。

 

相持 (あいもち):坂巻の担当編集者。

 

馬場 勝男 (ばば かつお):ハロウィン殺人事件の容疑者。

 

姫川 聖矢 (ひめかわ せいや):「少女ジャンプ」の人気漫画家。

 

桂田 (かつらだ):ハロウィン殺人事件の真相を追う刑事。

 

坂巻 美花 (さかまき みはな):良太の妹で、姫川聖矢の大ファン。

 

矢部 みづき (やべ みづき):ハロウィン殺人事件の被害者。




『THE COMIQ』第2話感想

 良太を監視する姫川

第1話で良太に嫌がらせをしていたのは、やはり姫川の刺客だったようです。

ただ現時点で「姫川=殺人犯」なのかは、分かりかねる感じですね…。

 魔法天使ペンデュラム!

魔法の天使ペンデュラム

( 出典 :『THE COMIQ』週刊少年ジャンプ2018年47号 / 高橋和希 / 集英社 )

普通の少女漫画だった『恋するペンデュラム』の主人公・フリコが、なんと魔法の天使に変身するという超展開に!

担当の相持さんが面食らう気持ちもよく分かりますね…(笑)

でも自身の正義感を作品に反映しちゃう良太が、個人的にはすごく好きです♪

 不気味なカボチャの風船

帰宅した良太が目にしたのは、玄関のドアノブに結び付けられた4つの不気味なカボチャバルーン。

怖くなった良太は、ネットカフェで仕事をすることにします。

ハロウィンをテーマにした漫画をきちんと10月に始めるあたりに、ジャンプ編集部のこだわりを感じますよね。

 美花のナイスアドバイス

馬場が背景に忍ばせた「PRINCE」や「DOLL」などのヒントにいまいちピンと来ていない良太。

しかし姫川ファンである美花の助言により、姫川の連載作『プリンスドール』のことだと気づきます。

(ネカフェなので)すぐに『プリンスドール』3巻の97ページを確認すると、そこには驚きの事実が…!

 姫川との初対面!

勇気をだして姫川のサイン会に参加する良太。

目の前に突然現れた良太の姿に、姫川は思わず動揺します。

そして良太は、馬場の背景が『プリンスドール』でも使われていたことから、馬場が3年前に姫川のアシスタントをしていたという推理を突きつけたのでした。

この対面シーンの勢いは高橋先生らしくて、とても面白かったです。^ ^



 まとめ

短期集中連載ということもあり、今のところテンポが良くて最高です。

そして魔法天使ちゃんがブラック・マジシャン・ガールっぽくて、すごく可愛かったですね ♪

連載中は毎週ネタバレ感想を更新するので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。Ciao!

関連記事 : 高橋和希『THE COMIQ』第3話ネタバレ感想 / 暴かれた姫川のアリバイ工作!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です