『HUNTER×HUNTER』382話「覚醒」ネタバレ感想&解説考察 / ハルケンブルグの凄まじい能力!

ハンターハンター王位継承戦

こんにちは、マサ( @Masayuki_Hirai )です。

前回、第8王子・サレサレにベンジャミンの部下・ウショウヒが迫るところで終わった『HUNTER×HUNTER

果たしてどうなってしまうのか、かなり気になりますよね!

というわけで第382話覚醒」の感想&考察をご紹介してゆきます。

関連記事 : 『HUNTER×HUNTER』381話「捕食」ネタバレ感想&考察 / ついに解き放たれたプレデター!

今すぐ無料で『HUNTER×HUNTER』の単行本を読む >>

 第381話までのあらすじ

現在B・W(ブラックホエール)号船内でおこなわれている、カキン帝国の王位継承戦

クラピカは「緋の眼」を所有する第4王子・ツェリードニヒに近づくため、第14王子・ワブルの護衛として乗船している。

船内ではヒソカを殺すために、幻影旅団も王子がバックにつくマフィアたちに接近し始めた。

そんな中、ベンジャミンの部下・リハンが自らの念獣を使い、第8王子・サレサレの念獣を排除。

そして仕上げの暗殺を、同じくベンジャミンの部下であるウショウヒに託すのだった…。

関連記事 :『HUNTER×HUNTER』381話「捕食」ネタバレ感想&考察 / ついに解き放たれたプレデター!

関連記事 : 『HUNTER×HUNTER』王位継承戦編 / カキン王子まとめ一覧



 第382話「覚醒」感想&考察

 ハルケンブルグが王に直訴!

王位継承戦の中止を望むハルケンブルグが、意を決してナスビ国王に直訴します。

「人に頼むな !! お前が行動するのだ」という父親の言葉を受けて、拳銃の引き金を引くハルケンブルグ。

しかし念獣の力により、国王には傷ひとつ付けられません。

ならばと、自分のこめかみに銃弾を放つハルケンブルグでしたが、彼自身の念獣により弾丸を止められてしましました。

そんな彼に「トロッコ問題」の例え話を持ち出す国王。

そしてついにハルケンブルグは腹を括り、全力で継承戦に臨む覚悟を決めるのでした。

すべて想定内だという涼しげな反応、ナスビ国王はやはり大物ですね…。

 凄まじいハルケンブルグの能力

1009号室で目を覚ましたベンジャミンの部下・シカク

どうやらハルケンブルグの能力により、眠らされていた様子。

ハルケンブルグが覚悟を決めたと、ベンジャミンから連絡を受けたシカクは、戻ってきた彼を念能力「 遊戯王カルドセプト)」で迎え撃ちます。

しかしハルケンブルグの念能力は、臣下一名の肉体と引き換えに迎撃防御不可能なオーラの弓矢で標的を貫き、その相手の意志を奪い自らの臣下にしてしまうという凄まじいものでした。

相手の能力をカード化する「遊戯王(カルドセプト)」も全く通用せず、ハルケンブルグの放った矢に倒れるシカク。

そして起き上がった彼はベンジャミンへの忠誠を忘れ、ハルケンブルグの臣下に加わってしまいました。

いやー、チートに近い能力にも関わらず、ほとんど制約がないというのは本当に恐るべしですね…。

第350話でさらっと紹介されていた「アーチェリー世界大会で銀メダルを獲得」という経歴や第375話での守護霊獣の能力説明が、ハルケンブルグの使う念能力の伏線になっていたのも流石でした。

【追記】この能力に関する仮説と検証が、のちほど第386話「仮説」でおこなわれます。

関連記事 :『HUNTER×HUNTER』386話「仮説」ネタバレ感想&考察 / 抜け目のないクラピカとハルケンブルグ



 第8王子・サレサレが死亡!

強大なオーラのうねりが起きた1009号室の隣、1008号室ではサレサレウショウヒにあっさりと暗殺されていました。

大方の予想通り、サレサレは殺されてしまいましたね。

しかし以前、母親のスィンコスィンコに語っていた「次の晩餐会、世界が変わるぜ?」とは一体何だったんでしょうか?

まぁ冨樫先生のことなので、これからきっと伏線を回収してくれるはずです。

【追記】次の第383話で、さっそく伏線回収されていました!(笑)

関連記事 :『HUNTER×HUNTER』383話「脱出」ネタバレ感想&考察 / カチョウとフウゲツの脱出劇!

 ついに晩餐会がスタート!

出航8日目の午後8時、ついに晩餐会が始まりました。

それぞれの思惑が交錯する晩餐会、神妙な面持ちのセンリツ、カチョウ、フウゲツを映して次回へと続きます。

個人的にこの3人には生き残って欲しいのですが、果たしてどうなることやら…。



『HUNTER×HUNTER』の単行本を無料で読むには?

『HUNTER×HUNTER』の単行本を今すぐ無料で読みたい方には、U-NEXT31日間無料トライアルがおすすめです。

初回登録時にもらえる600ポイントを使えば、『HUNTER×HUNTER』の単行本を1冊無料で読むことができますよ。

今すぐお得に単行本を読みたい方は、ぜひ無料トライアル登録してみてくださいね ♪

今すぐ無料で『HUNTER×HUNTER』の単行本を読む >>


(※ 本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

 第382話「覚醒」まとめ

継承戦に反対していたハルケンブルグをあっさり懐柔してしまうあたり、ナスビ国王からは本物の王の風格を感じました。

覚悟を決めたハルケンブルグの念能力も、予想を超えて凄まじいものでしたね…。

そしてついに始まった晩餐会で何が起きるのか、次回もまったく目が離せません!

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

『H×H』連載中は毎週ネタバレ感想&考察をアップするので、ぜひ「マサログ」をブックマークしておいてもらえると嬉しいです♪

ご意見・ご感想などあれば、ぜひお気軽にコメントしてくださいね。^ ^

関連記事 : 『HUNTER×HUNTER』383話「脱出」ネタバレ感想&考察 / カチョウとフウゲツの脱出劇!

関連記事 :『HUNTER×HUNTER』王位継承戦編 / カキン王子まとめ一覧

今すぐ無料で『HUNTER×HUNTER』の単行本を読む >>




2 Comments

マサ

ウショウヒさん、コメントありがとうございます!
王位継承戦編に入って、念能力がインフレしてますよね。
ツェリードニヒも絶対チート能力の予感がします…(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です